Profile Gallery Technique Plapla Blog Mail
       
■ギャラリー
【GUNDAM】
・RX-78-2 GUNDAM Ver.Na
・MS-06J ZAKUU
【カーモデル】
【飛行機】

 

NAL Factory
■RX-78-2 GUNDAM Ver.Na
 1/144 ミキシングビルド
 RX-78-2 GUNDAM Ver.Na

 モデルグラフィック誌2010年11月号のGM特集に掲載された作例を参考に製作しました。
 作例では各種GMのキットを使用したミキシングビルドで純粋なVer.Kaとして製作されていましたが、それをそのままコピーしても芸がないので使用するキットを多少変更し、独自のディティールを加えたVer.KaならぬVer.Naとして製作してみました。
 また、塗装に関しても多少のオリジナリティを加え、「連邦の白い悪魔」をイメージし白を基調とした塗装を施しました。

[使用キット]
 ・HGUC RGM-79C GM Type C ジム改 × 2
 ・HGUC RGM-79GS GM Command Space ジム・コマンド(宇宙仕様)
 ・HGUC RGM-79 Powered GM パワード・ジム
 ・HGUC RX-78 GUNDAM
 ・HGUC RX-78 GUNDAM Ver.G30th
■スクリーンショットについて
 画像をクリックすると大きく表示されます。
 戻るには、表示された画像をもう一度クリックして下さい。
■装甲
 装甲は裏側ディーティールを作成。

 ヘリウムコアは厚みが不足していたのでパワードジムの脚部のものを移植しています。
■腰ブロック
 腰部ブロックに穴を開けることで太ももの干渉を防いで足を大きく開かせ、カトキ立ちをさせやすくしています。
 その開けた穴にディティール施すことで単なる可動範囲の拡大に留めないようにしています。

 腰部ブロックを後方に一部伸ばしてふんどし後方部に食い込む形にし、リアアーマーに取り付けられている演出を加えました。
■肩アーマー
 肩アーマーは前後割りの一体成型ですが、前後装甲、上部装甲、バーニアと4つに分割しディティールアップしています。
 肩パーツが入るため内部はほとんど見えなくなりますが、装甲裏ディティールを作成し、バーニアから延びるダクトも作ってあります。
 上部装甲は別パーツ化したままなので、上へ開くことが出来ますが、繊細さと壊れにくい丈夫さの両立に苦心しました。
■バックパック
 バックパックはジムコマンド宇宙戦仕様から流用。
 これも前後割りの一体成型なので、外装を上下で分割し、内部を作って隙間からのぞき見えるようにして立体感を高めました。
 塗装は限りなく黒に近いグレーを吹いた後、白パールをグラデーションをつけて吹き付けています。
 パールパウダーを極少量のクリアで溶いたものを吹き付けてあるため程よくツヤが消えてセミグロスな感じになり、つや消しクリアのコーティングは行っておりません。
■ビームサーベル
 後方ふんどし部にセットされたビームサーベル。
 ここまで大写しにするのは正直勇気がいりますが、そこは根性で。
 キットの物をディティールアップしてありますが、ビームサーベルが刺さっているラック自体もキットの物を削り込んで造形してあります。
 サーベルから伸びるアンテナ状のものは金属線に交換してありますが、パイプと線を組み合わせて先端をポッチ状してあります。肉眼では見えませんが・・・。
 ふんどし部のバーニアはキットのままでは立体感に乏しいので、コトブキヤ製に代えてあります。
■足首
 足首に関する主な改修ポイントは4点。
 つま先の形状変更、アンクルガードの内側への厚み増しとそれに伴う足首形状の変更、足首関節の横ロール可動の増設、足裏バーニアの立体化。

 小さな足首のこれらを組み込むのは少々大変ですが、一つ一つの作業自体はあまり難しくありません。
 お互いが干渉しないように計画を立てることと、出来るだけ丁寧に、そして工作手順をよく考えて作業することが大事です。
←前 次→
■ご注意
 当サイト内の画像データを無断で複製・転載することは禁止しています。

Copyright(C)2008-2009 NAL Factory.